THE MUSICAL ASSOCIATIONS OF THE ROTHSCHILD FAMILY
ロスチャイルド家の音楽との関わり

by CHARLOTTE de ROTHSCHILD
シャーロット・ド・ロスチャイルド著

Music has played a very important part in the history of the Rothschild family, both by way of their patronage and through composers who were their teachers, friends or relatives. The five brothers and their descendants made their salons, in the European capitals of Frankfurt, Paris, Naples, Vienna and London, focal points for the great musicians of the day. The history starts in the drawing rooms of London, Frankfurt and Paris at the beginning of the last century and many of the various threads are drawn together in a quite remarkable musical autograph book which spans the years from 1829 to 1974. The Rothschild bank helped various composers, handling their financial affairs and investments and several members of the family were composers themselves, the most prolific and significant of whom was Mathilde de Rothschild.

音楽界を支援し、友人、親族、音楽教師に数多くの作曲家がいたロスチャイルド家の歴史において、音楽は非常に大きな存在であった。ロスチャイルド五兄弟がそれぞれフランクフルト、パリ、ナポリ、ウィーン、そしてロンドンと、ヨーロッパの各都市に開いたサロンは、当時の偉大な音楽家たちの活動の拠点となっていた。その歴史は前世紀(訳者注:19世紀)初頭のロンドン、フランクフルト、そしてパリの応接室から始まり、そこから派生していった様々な筋が、1829の年から1974年の年月に書き溜められた作曲家直筆の素晴らしい曲集として纏められている。ロスチャイルド銀行は多くの作曲家の財務や投資を管理するなどして支援したが、そのような作曲家の中には一族の一員も含まれており、そのうちでも最も多作で特筆すべき一人が、マチルド・ド・ロスチャイルドである。

Nathan Mayer Rothschild, the founder of the English branch of the family (and known as NM for short), had two very musical daughters, Charlotte and Hannah. Hannah was an extremely accomplished harpist, was rumoured to have had a pure gold harp and was a pupil of the great harp composer Parish Alvars who dedicated his famous Serenade Op. 83 to her. She also took music lessons from Mendelssohn and Rossini. Hannah's sister Charlotte, a talented harpsichord player, started the wonderful musical autograph book, or "Livre d'Or", in which she asked all her visiting teachers and friends to write a little song or piano piece. She began collecting whilst visiting her parents in their Kilburn home in 1829, with piano pieces by Cramer, Moscheles, and Mendelssohn who were all in London at that time and visited the house in June, possibly on the same day. Ignaz Moscheles (1794-1870) arrived in London in March 1825 where he taught at the Royal Academy of Music and conducted the Philharmonic Society. He had been Mendelssohn's teacher in Berlin the previous year and the Moscheles family subsequently gave hospitality to Mendelssohn whenever he visited London. In 1829 Mendelssohn was there for a special performance of his Concerto in E for two pianos in which he and Moscheles were the soloists.

Charlotte had married her Viennese cousin Anselm (the son of Salomon) in 1826 when she was 17, and they moved to Frankfurt because their uncle Amschel had no heirs to carry on the German business. They lived in a house called "Grüneburg" where Charlotte became an accomplished hostess, holding soirées and parties for the fashionable Frankfurt society. While Anselm was a rather distant father, Charlotte was a devoted mother and years later her son Ferdinand wrote that she "sacrificed the whole of her short life to the care and tuition of her young family" ; she brought up her children to be trilingual and to have a fine appreciation of art and music. She continued to collect musical autographs until her premature death in 1859, when the book was then passed on to her daughter Mathilde the composer, who in turn gave it to her daughter, Minna Caroline.

Felix Mendelssohn (1809-1847) visited Charlotte (Baroness Anselm) in Frankfurt in 1836. He had been invited to direct a series of choral concerts for the St. Cecilia Society of Frankfurt and was a guest at a number of galas and parties given by the Rothschilds in honour of the celebrated Rossini who was in Frankfurt for the wedding of NM's son Lionel to another Charlotte, the daughter of Carl of Naples. Mendelssohn wrote to his mother that he admired the Rothschilds for their "splendour and luxury - the way they compel the philistines to regard them with the utmost respect (though these would gladly give them a sound thrashing if they were let loose!) is a source of exultation to me, because they owe all this entirely to their own industry, good fortune and abilities."

Gioachino Rossini (1792-1868), whose friendship with the family spanned about thirty years was especially close to NM's children Hannah, Charlotte and Lionel, and to James de Rothschild, the founder of the French branch. He was one of the most famous men in Europe and the recipient of extreme adulation. Rossini used to visit James almost daily at rue Laffitte and got to know NM's son Lionel when the latter spent four years in Paris working for his uncle James. He accompanied Lionel on the train journey through Belgium and the Rhineland to Lionel's wedding in Frankfurt in 1836. Rossini admired many of the things he saw on their trip, but he hated the train journey; it was his first and last in what he felt was an unnatural means of transport. He wrote a piano piece called "un petit train de plaisir" (Comico Imitatif), which describes such a journey from start to finish, containing a derailment, the death of two passengers and their journeys to Paradise and Hell.

James had married his beautiful niece Betty, and their salon was renowned for being a centre of excellence where all the leading cultural figures of the day, such as Balzac, Heine, Delacroix, Ingres, Chopin and Rossini would meet : invitations were highly sought after. Rossini composed and conducted a special chorus for the visit of Emperor Napoleon III to James's country Chateau at Ferrières in 1862 and he dedicated a piano piece called "Petit Souvenir" to James's daughter, (another Charlotte), in 1843. One of the poems which Rossini was most fond of setting to music was that from Metastasio's Siroe, "Mi lagnerò tacendo" which he is known to have set over 80 times. This was his standard piece when writing a little ditty for someone who requested his autograph, and he wrote an original setting in Charlotte's "Livre d'Or".

The majority of the pieces in the book were also published in some form or another, but there are some unique "finds". One of these is by Giacomo Meyerbeer (1791-1864), a celebrated composer of the last century, whose operas, among them L'Africaine and Les Huguenots, were extremely popular. Meyerbeer knew a number of the family and his two great-nieces, Marie-Louise and Nellie Beer both married Rothschilds. He wrote a charming song called "The rare Flower" in Charlotte's autograph book, which unusually is in English : Meyerbeer was doing Charlotte quite an honour by composing in her native tongue, which indicates how highly she was admired.

The well-known composer and violinist Louis Spohr (1784-1859) was the German counterpart of Meyerbeer and Rossini, whose compositions covered a huge spectrum from chamber music to oratorio and opera. He probably knew the Frankfurt Rothschilds and certainly the English ones. He became hugely popular in England, especially for the aria "Rose, softly blooming" from his opera Zemir und Azor, and made many trips to London, the first being in 1820 when he was relatively unknown. On that occasion he visited NM at the bank in New Court, possibly to ask for a loan or sponsorship. He asked NM whether he liked music, and the story goes that NM had his hand in his pocket and jangled his coins, replying that that was the only sound of music that he liked! He wrote a song in the autograph book called "Nachgefühl" in February 1834 which had been composed in Hamburg in October 1819 and was published by Menser Goedsche in a collection called Amphion-Geschenk für Freunde des Gesanges und Pianofortespiels auf dem Jahr 1825.

Frédéric Chopin (1810-1849) was linked with the family through a number of the Rothschild ladies. There is a story that Chopin was on the point of emigrating to America in 1831 when a chance encounter led him to play at the salon of Baroness Betty, thus launching his Paris career ; while this smacks of legend, there is no doubt, as he confided to a friend, that he"loved the house of Rothschild and the house of Rothschild loved him." He gave lessons to Betty as well as to her daughter Charlotte and her niece Mathilde and with Betty's patronage and encouragement was a frequent guest and performer in rue Laffitte. He dedicated the Waltz in C sharp minor Op. 64 no.2 to her, and the Ballade in F minor Op. 52 no. 4 to Charlotte. Charlotte (who married her cousin Nathaniel, son of NM), composed and published four little piano pieces which bear the strong imprint of her teacher. Apparently Chopin was once asked by Hannah, (NM's wife), how much he charged for playing at a soirée. Upon hearing his answer she said that to be sure he played very prettily, but that the price was wanting in moderation. Chopin wrote a "Mazurka" in her daughter's little autograph book in Paris in March 1847. It differs slightly from the known version, Op. 67 no. 4, which was published posthumously and dated 1836. (There is mention of a similar version in Edouard Ganche's "Dans le Souvenir de Frédéric Chopin" written in 1925).

Many composers used the family bank for various transactions. In 1838 Johann Strauss senior (1804-1849) wrote to Lionel in England requesting an extension on a bill of exchange, in order that he could prolong his stay in England ; he lived in Vienna and probably knew Salomon. Nicolò Paganini (1782-1840) used the services of the Rothschild bank on an occasion that has been well-documented because of its poignancy and, at the time, controversy. On December the 16th, 1838, in spite of being ill with bronchitis, Hector Berlioz (1803-1869) conducted a concert which featured Harold in Italy, a piece that he had written at the instigation of Paganini. It was the first time that Paganini had heard the work and he was so moved that he sent Berlioz a note begging him to accept a token of 20,000 francs via his banker Baron de Rothschild (James). This was a very large amount and much needed by Berlioz who was in a penurious state. Once Paganini's action became known in Paris there was some envy and speculation about it, especially as Berlioz had many critics. In return Berlioz dedicated his symphony "Romeo and Juliette" to Paganini, first performed in Paris in November 1839, but Paganini unfortunately died before he could hear it. Rather surprisingly, given his anti-Semitism, Richard Wagner utilized the bank to send some money to Mahler and there are many references, frequently impatient, in Cosima Wagner's diaries to her bankers. Schönberg and Mahler approached Rothschilds for financial assistance in 1905 for the newly formed Vereinigung schaffender Tonkünstler, with limited results.

Franz Liszt (1811-1886) invested the capital fund of 220,000 francs raised by his European tours with the Rothschild bank in Paris. He was not amongst the composers who wrote in Charlotte's book, but he was a frequent guest and performer at her soirées in Frankfurt and at Betty's soirées at rue Laffitte. Charlotte's brother Anthony was visiting her at the Grüneburg on the evening of the 15th November 1842 when he heard Liszt play and he wrote about it to his wife Louisa : "The delightful singer Rubini was accompanied by Liszt in a concert the evening before last, where I had an excellent opportunity of hearing and seeing the most extraordinary player in the world. I say seeing because he is as curious to look at as to hear, with his long hair at times streaming over his face, at others completely thrown back by a violent toss of the head, his wild eyes which he now and then turns on every side as if to mean sometimes 'Am I not wonderful?' at others that he is delighted with his own performance. Dearest, he is an agreeable and talkative man in society, and is no doubt a dear and pleasant companion..."

Amongst other composers who wrote pieces in Charlotte's autograph book were Bellini, Cherubini, Halévy and Rosenhain. The romance "Dolente immagine di Fille mia" by Vincenzo Bellini (1801-1835), was written in 1821 and was the first of his works to be published in 1824 by Girard of Naples where it quickly became a popular salon piece. Bellini had studied at the Conservatory in Naples and after the success of his first few operas may well have been a guest at Charlotte's uncle Carl's magnificent home at the foot of Vesuvius. He used the bank in Italy and France on a number of occasions to send money to his family in Catania. He only travelled outside of Italy during the last two years of his life, 1833-35, when his fame ensured that he was fêted socially both in London and Paris, and he probably wrote the romance in Charlotte's book during that time.

In 1781 Luigi Cherubini (1760-1842) had been commissioned to write the opera Armida abbandonata for the Pergola Theatre of Florence. It was a great success at its première on the 25th January 1782. Years later in the autograph book, Cherubini wrote the "Canto d'Armida" : this aria ("Ella dinanzi al petto") was believed to have been lost from the opera ; its discovery in the book is a remarkable find but may not be the complete aria. Cherubini describes it here as being from Ottava della Gerusalemme, the Tasso epic poem upon which the story of Armida abbandonata was based. Cherubini lived in Paris for the latter part of his life and was in his seventies or eighties when he inscribed the piece in the book.

Jaques Fromental Halévy (1799-1862) wrote a "Canzonetta" in Charlotte's book in Paris in December 1847. It may be one of 3 canzonetti en style napolitain written in 1821 which are listed in Grove's Dictionary. He was a popular Jewish composer and his most famous opera was La Juive. Another Jewish composer, Jacob Rosenhain (1813-1894), was a German pianist and composer who lived in Frankfurt from 1832 and Paris from 1837. He was the only composer to write two compositions in the autograph book, the first for Charlotte in 1833, the second twenty years later for Mathilde, during a return visit to Frankfurt.

Mathilde de Rothschild (1832-1924) was born in Vienna, the daughter of Charlotte and Anselm, and the granddaughter of the first Rothschild to go there (Salomon). She lived for 92 years. Mathilde showed her musical talent early and was obviously greatly encouraged in her compositions by her mother, taking lessons from Chopin at the young age of 15 or 16. Chopin was so impressed that even during his last illness, when he took few pupils, he found time for "the Rothschild girl". She spent her childhood in Vienna and Frankfurt, (mainly the latter), and spent particularly happy years at the family house of Grüneburg. Mathilde was quite an individual : one of her English cousins, Constance Battersea, remembered visiting her in Frankfurt and while remarking on her graceful and distinguished appearance told how she was amazed at the sight of Mathilde and her sister Julie smoking cigars - not even cigarettes - "My youthful eyes gazed with astonishment at this masculine indulgence!"

In 1849 Mathilde married her father's first cousin Wilhelm Carl de Rothschild ("Willy"), from the Naples branch (i.e. Carl's son) ; much of his time was already spent in Frankfurt and in 1861, after the unification of Italy, the branch was closed and he and his brother Mayer Carl ran the Frankfurt branch until Willy's death in 1901 when that branch too was closed. He and his brother were keen supporters of Bismarck - rather too overtly so for some of their cousins - and were also supporters of the settlement of Palestine, in which Willy's son-in-law Edmond and grandson Jimmy (another James) were to play such key roles. This was probably as a result of their orthodox faith, for the Frankfurt branch was much influenced by their rabbi, Rabbi Hirsch, and his "separatist" teachings. Like most Rothschilds Willy was a collector, in his case of German secular medieval silver. He and Mathilde lived at Grüneburg, which her sister Alice had inherited but had sold to them when she went to live with their widower brother Ferdinand at Waddesdon in Buckinghamshire, England. Willy was extremely orthodox and Mathilde conformed to this without question. That she was able to adapt to this more conservative style of life and still write such charming, light songs shows her considerable strength of character : indeed, it was said that she once refused to eat a single morsel at a dinner given by the Kaiser - grateful though she and Willy undoubtedly were for the honour of being invited - for fear that the meal did not conform to strict kosher ordinances (it probably did not). Conventions were also much stricter : her father's first cousin, Edmond (James's son) had known her since his youth and was accustomed to the informal mode of address "tu-toyer" but on marrying her daughter Adelheid he had to refer to her as "ma chère Belle-Mère", and use the more formal "vous", which he found not only embarrassing but difficult to remember.

Whatever the conventions of the day, her songs have a carefree charm all their own, essentially romantic but with a range of gaiety and pathos well beyond the parlour songs of her contemporaries : with words by Victor Hugo, Théophile Gautier, Goethe and others, they are nearer in spirit if perhaps not in depth to the great songs of the era. She wrote at least one volume of piano pieces, an orchestral waltz and a large number of songs (mostly in French) but sadly not all her compositions have survived. There are three known sets of six German songs, one in the Frankfurt Library dated 1897 together with a further set of twelve songs, all of which survived the two world wars. The English song "My Lady sleeps", a setting of a poem by Longfellow, is the only English song discovered, though a number of her more popular songs were translated and published in England. Mathilde's works were published by the major houses of the day under her own name as "La Baronne Willy de Rothschild" or "Freifrau Willy von Rothschild". She was asked by many leading singers of the day to compose for them, among them Selma Kurz and Adelina Patti. Her most famous song was "Si vous n'avez rien à me dire", also known as her "Romance", which was the first of five songs written for her friend Adelina Patti ; Patti was often asked to sing "La Romance de la Baronne Willy" as an encore and made a recording of it in 1905. Mathilde characteristically dismissed this song as "mon navet" ("my flop") but was in fact particularly proud of it. Charlotte, the wife of Lionel, wrote in May 1866 to her son Leopold that "while in Paris this winter, Patti omitted to sing 'Si vous n'vez rien à me dire' and the pit rose en masse crying out for 'la romance de Mme. de Rothschild'."

Mathilde had three daughters and led a long and fulfilled life, surviving her husband by 23 years ; she never forsook her orthodox life and Dollie, her grandson Jimmy's wife, remembered celebrating Passover with her in Frankfurt in 1913, when Mathilde was 81 and Dollie 18. Dollie wrote, "She was not only brilliant intellectually, but was also endowed with that rare quality of understanding that made her the confidante of all the members of her family". On 5th March, 1922, her ninetieth birthday - still very much "in full possession of all her faculties", as her cousin Constance noted - she gave a dinner party for her extended family. She died two years later. A current and notable member of the family, Miriam Rothschild has commented that "had she been alive today, she would have been either a Golda Meir or a concert pianist" ; as it was, she was an accomplished hostess and patron of the arts, a friend of all the family, a gifted musician and a composer of no small merit.

Among those who wrote pieces for Mathilde whilst she was the owner of the autograph book were Victor Massé, Franz Lachner, and Anton Rubinstein. Mathilde had stopped collecting the autographs in 1869 and it was Minna's daughter Lily Schey and her daughter Minka who started collecting them again in 1925. Rubinstein (1829-1894) was a Russian composer and virtuoso pianist whose playing was comparable to Liszt's. He chose a song "Hüte dich", which had been published in 1846 while Rubinstein was living in Berlin, to write down for Mathilde in Frankfurt in March 1869 when he visited during his second major tour of Europe.

In England in 1835 NM had bought Gunnersbury Estate, just outside London, and here his widow Hannah and subsequently his son Lionel often gave parties for over five hundred people which were the social events of the season ; the paths were lit by hundreds of multi-coloured lanterns, and there were either concerts or balls preceded by dinner in marquees on the lawns. Sir Moses Montefiore wrote in his diary of a fête in July 1838 where many great artists performed including Grisi, Rubini, Lablache, Persiani and Tamburini. Disraeli declared of a dinner in January 1858 that "the banquet could not be surpassed in splendour even at Windsor or Buckingham Palace". Lionel's son Alfred had a great passion for music and there are references in many of his mother's letters to his lessons and skills. As a young man he wrote a group of six piano pieces called "Boutons des Roses", each named after the first six daughters of his aunt Louise and Mayer Carl of Frankfurt, which were published by Schott. He had his own orchestra at his Buckinghamshire house, Halton, which he conducted with an ivory baton which has a circle of diamonds around it. The members of his orchestra all had to be of the same height and sport moustaches - one hopes they were still good players! Many famous musicians graced his soirées, such as Niccolini, Liszt, and Rubinstein who was a guest on a number of occasions. The two singers Nellie Melba and Adelina Patti, (who both had their finances ably looked after by Alfred), Paolo Tosti and Sir Arthur Sullivan were also frequent guests at Halton.

Sir Arthur Sullivan (1842-1900) knew most of the Rothschilds who lived in England. He was a close friend of Leopold de Rothschild, Alfred's brother, and stayed at Ascott on a number of occasions ; he also stayed with Mayer, Alfred's brother-in-law, at Mentmore in 1873. Ferdinand was present at a dinner on May 14th 1883 given by Sullivan when he was celebrating his 41st birthday. He wrote a little cannon or roundel in Ferdinand's Livre d'Or, (his guest book and autograph book) at Waddesdon on 11th January 1886 and this is the only musical entry in that book. Alfred helped finance the opera Ivanhoe and was teased by his friend Sullivan in the Lord Chancellor's song in Iolanthe when he and Gilbert wrote, "The shares are a penny and ever so many are taken by Rothschild and Baring, and just as a few are allotted to you, you awake with a shudder despairing!"

In this century the grandson of James, Robert, and his wife Nelly often held musical soirées in their house on the Avenue Marigny, where artists such as Elizabeth Schumann, the young Elizabeth Schwarzkopf and Lotte Lehmann sang. Among their close musical friends were Reynaldo Hahn, Jaques Février, Georges Auric, Henri Sauguet, Francis Poulenc and other members of "Les Six". Elie de Rothschild remembers how, as a child, he resented his parents (Robert and Nelly) spending so much time with their circle of musicians. Elie's wife Liliane has a poignant memory of Reynaldo Hahn (1874-1947) who was one of her father-in-laws closest friends. There were many power cuts in Paris towards the end of the Second World War and Hahn rang one evening to ask if she could bring him one of the many oil lamps they had. He met her at the door of his home in rue Gréffulhe, wearing a large blue beret to cover the fact that he had just had an operation for a brain tumour, and greeted this lamp as if it were the finest present in the world. He died the following week.

Francis Poulenc (1899-1963) was another of Robert's close friends. He was also one of the many twentieth century composers asked to write in the musical autograph book by Mathilde's granddaughter. His entry in 1939 was the first line of "A sa guitare", a song he had composed for the singer Yvonne Printemps with harp accompaniment.

During the second World war, various members of the family had left Europe for the safer shores of America. Clarice, the wife of the Austrian descendant Alphonse, lived in New York, and Leopold de Rothschild can remember visits by her friend Samuel Barber (1910-1981) in the late 50's. The family continued to be connected with music : Philippe de Rothschild, the owner of the famous Château Mouton vineyard, was an accomplished poet and in 1952 his poem Vendage inspired Darius Milhaud (1892-1974) to write a three-act ballet with décor by Dali for the Paris Opera. The ballet was performed in 1972 in Nice during the celebrations of Milhaud's eightieth birthday. In recent years, Victor, 3rd Lord Rothschild and more especially his sister Nica were great admirers and patrons of jazz - most notably Charlie Parker.

More research is still being done on the contents of Charlotte's autograph book and on numerous compositions dedicated to the family ; there are possibly more undiscovered works in various private collections and libraries. The Rothschild family, although best known for its banking, wine and wonderful art collections, has a close connection with music : these notes may give an insight into the great interest the Rothschilds have shown in this field over the last two hundred years. It is to be hoped that the legacy of Mathilde de Rothschild's compositions and of the "Livre d'Or", and the family's long-standing support of music and musicians will continue for many years to come.

Copyright: 1994 Charlotte de Rothschild

Sources : the Rothschild Archives (London), various family members, the British Library, Bibliotèque Nationale, Westminster Library, Cambridge Music Library, Stadt- und Universitätsbibliothek, Frankfurt am Main, Nationalbibliothek, Vienna.

ロスチャイルド一族のイギリス分家を創設したネイサン・メイアー・ロスチャイルド(通称NMと呼ばれていた)にはシャーロットとハンナという娘達がおり、二人ともとても音楽的であった。ハンナは素晴らしいハーピストで、純金のハープを持っているともっぱらの噂であった。彼女は偉大なハープの作曲家、パリシュ=アルヴァーズの生徒で、彼の有名なセレナーデ、作品83は彼女のために書かれている。ハンナは他にもメンデルスゾーンやロッシーニにも師事し、音楽を学んだ。ハンナの妹のシャーロットは有能なハープシコード奏者で、師事した教師や音楽家の友人に頼んでピアノや歌の小品を書いてもらい、「Livre d'Or(黄金の本)」という、その名のとおり素晴らしい作曲家直筆の曲集の編纂を始めた。彼女がロンドンのキルバーンにある両親の家に里帰りしていた1829年の6月、クラーマー、モシェレス、そしてメンデルスゾーンがおそらく皆同じ日にこの家に訪れてきた際、それぞれピアノ曲を書きハンナに贈呈したことが始まりであった。イグナーツ・モシェレス(1794-1870) は1825年の3月にロンドンに移り住み、ロンドン音楽アカデミー(訳者注:後のロイヤルアカデミー)で教鞭を振るいロイヤル・フィルハーモニック協会にて指揮棒を振った作曲家である。ロンドンに移住する前年、ベルリンにて彼はメンデルスゾーンを教えており、また、モシェレス一家はその後メンデルスゾーンがロンドンを訪れた際は必ず自宅に泊めてもてなす、という間柄であった。1829年にメンデルスゾーンがロンドンで行った演奏会では自作の2台ピアノのためのコンチェルト、ホ長調をモシェレスと共に演奏した。

シャーロットは1826年、17歳の時にウィーンの従兄弟、アンセルム(ソロモンの息子)と結婚し、フランクフルトで生活を始めた。アンセルムの叔父、アムシェルにドイツでの中の事業を引き継ぐ跡継ぎがいなかったためである。「グリューネブルグ」と言う名の自宅で、シャーロットはソワレやパーティを開いてフランクフルトのおしゃれな社交界の面々を見事にもてなすようになった。アンセルムはどちらかというと子供達との距離の遠い父親であったが、シャーロットは愛情深く献身的な母親であった。息子のフェルディナンドは後に母親について、「子供達の教育のために自らの短い人生の全てを犠牲にした」と語っており、現にシャーロットは子供達が3ヶ国語を話し、美術や音楽への造詣が深い知識人となるよう教育した。そんなシャーロットは惜しまれながら夭逝する1859年まで作曲家の直筆楽譜を集め続け、その後は作曲家であった娘のマチルドへ、そしてその娘ミンナ・カロリーネへと受け継がれていった。

フェリックス・メンデルスゾーン(1809-1847)は1836年にフランクフルトのシャーロット(アンセルム男爵夫人)のもとを訪れている。フランクフルトのセント・ツェツィーリア協会の合唱のコンサート・シリーズの監督として招かれていたメンデルスゾーンは、同時期にフランクフルトでNM(ネイサン・メイヤー・ロスチャイルド)の息子ライオネルと、ナポリのカールの娘のシャーロット(前述のシャーロットとは別のシャーロット)の結婚式に出席するために訪れていた名高いロッシーニに敬意を表してロスチャイルド家が開いたいくつものガラやパーティのゲストでもあった。メンデルスゾーンは母親宛の手紙に、ロスチャイルド家の「華やかさと豪華さに感心する− ペリシテ人(訳者注:「芸術や文学などに関心のない無趣味な人」の比喩。)でさえも彼らには最高の敬意を払っていることに、(とはいえ許されれば彼らはその贅沢さに痛棒を食らわすだろう!)私は歓喜を感じずにいられない。なぜなら、彼らの華やかさは全て、一族自らの産業と幸運、そして能力に由来しているからである。」

ジョアキーノ・ロッシーニ(1792-1868)とロスチャイルド家の親交は30年に渡っていたが、特にNM(ネイサン・メイヤー・ロスチャイルド)の子供達であるハンナ、シャーロット、そしてライオネル、またフランス分家を創設したジェイムス・ド・ロスチャイルド(訳者注:仏語読みではジャム・ド・ロチルド)と特に親しかった。ロッシーニは当時のヨーロッパでは最も有名な人物の一人であり、称賛を集めていた。彼は毎日のようにパリのラフィット通りにあるジェイムスの家を訪れ、この叔父ジェイムスのもとで4年間働いていたNMの息子ライオネルと知り合うことになる。1836年にライオネルが結婚式を挙げるために列車でベルギー、そしてラインラントを通ってフランクフルトへ向かった旅に、ロッシーニは同行している。この旅で観た色々なことに感動しつつ、ロッシーニは列車の旅自体については閉口しており、彼とって最初で最後となったこの列車の旅について「不自然な移動手段だ」と感じていた。その後、このような旅の最初から最後までを描いた「Un Petit Train de Plaisir (Comico-Imitatif) 楽しい汽車の小旅行(滑稽描写)」というピアノ曲を書いており、汽車の脱線からなんと乗客二人の死、その二人が天国と地獄を旅していく様を描いているという作品になっている。

ジェイムスは美しい姪のベティと結婚し、二人の開くサロンはバルザック、ハイネ、ドラクロワ、アングル、ショパン、ロッシーニなど、当時の代表的文化人が集う中心として有名になり、誰もが招待されんと必死になるほどの人気だった。1862年に皇帝ナポレオン三世が郊外フェリエールにあるジェイムスの城を訪問した際、ロッシーニは特別な合唱曲を作曲し、指揮して迎えた。また、1843年にはジェイムスの娘(前述の二人とはまた別のシャーロット)に「Petit Souvenir (「小さな思い出」、または「お土産」)」というピアノ曲を捧げている。ロッシーニが特に好んでいた詩の中の一つに、メタスタージオのオペラ「シローエ」より「Mi lagnerò tacendo(黙って嘆こう)」というものがあるが、なんと80回もこの詩に曲をつけた。これはいわば彼の「十八番」で、誰かが直筆の音楽を欲しがった場合にはこの詩を使って小さな歌の作品をプレゼントしていたという。シャーロットの「Livre d’Or」にもこの詩を使ったロッシーニのオリジナルの歌曲が含まれている。

この本に収められている曲のほとんどが別の形で出版されているが、中には唯一無二の「掘り出し物」もある。そんな掘り出し物の一つが、ジャコモ・マイアベーア(1791-1864)の作品である。マイアベーアは18世紀の偉大な作曲家で、特に「 L’Africaine(アフリカの女)」や「 Les Huguenots(ユグノー教徒)」が有名である。ロスチャイルド家とも親交が深く、姪孫のマリー・ルイーズとネリー・ベーアは二人ともロスチャイルド一族の一員と結婚している。彼はシャーロットの本のために「The Rare Flower (希少な花)」という可愛らしい歌曲を書いているが、珍しいことにこの曲の歌詞は英語で書かれている。これは、シャーロットに敬意を表して、彼女の母国語を使用したのである。このことからも、シャーロットがいかに称賛されていたかが伺えるだろう。

著名な作曲家でバイオリニストでもあったルイ・シュポア(1784-1859)は、言うならばドイツ版マイアベーアやロッシーニであり、その作品は室内楽からオラトリオ、オペラに至るまで幅広いものであった。彼はイギリスのロスチャイルド家と親交があったが、おそらくフランクフルトのロスチャイルド一族とも繋がりがあっただろうと推測される。シュポアはイギリスで非常に人気を博し、特にオペラ「 Zemir und Azor(ゼミーレとアゾール)」のアリア「 Rose, softly blooming(薔薇は優しく咲き乱れ)」で一躍有名になったと言える。1820年にまだ無名の頃に初めてロンドンを訪れ、その後も何度も足を運ぶことになる。この最初のロンドン訪問の際、彼はニューコートにあった銀行のNMを訪ねているが、融資または援助の要請をしたのではないかと思われる。シュポアがNMに音楽が好きかどうか訊ねると、NMはポケットに入れた手でジャラジャラと小銭の音を鳴らし、彼が好きな音楽はこのお金の音だけだ、と答えたと言う逸話が残っている。彼は1834年の2月にシャーロットの作品集に「Nachgefühl(余韻)」という曲を書いており、これは Menser Goedsche の出版した「 Amphion-Geschenk für Freunde des Gesanges und Pianofortespiels auf dem Jahr 1825(アンフィオン − 歌とピアノの友人に献呈する − 1825年)」という作品集の中に収められている。

フレドリック・ショパン(1810-1849)もロスチャイルド一族の女性たちと親交があった。あるエピソードによると、1831年ショパンはアメリカに移住しようとしていたが、ある偶然からベティ男爵夫人のサロんで演奏することになり、これを皮切りにパリでのキャリアが花開いていったという。これは言い伝えに過ぎないが、実際にショパンは友人に、彼が「ロスチャイルド一家が大好きで、ロスチャイルド一家も自分のことが大好きだ」と打ち明けている。彼はベティだけでなくその娘のシャーロット、姪のマチルドのレッスンにも力を注ぎ、ベティの支援と奨励を受けてラフィエット通りのロスチャイルド宅の常客となった。作品64の2番ワルツ嬰ハ長調をベティに、作品52の4番バラードヘ短調をシャーロットに捧げている。シャーロット(NMの息子、彼女にとっての従兄弟であるナサニエルと結婚している)は4つのピアノのための小曲を作曲、出版しているが、その作風は師匠であるショパンから大きな影響を受けていることが見て取れる。逸話によればハンナ(NMの妻)は、ショパンにソワレで演奏する際の演奏料はいくかと訊ねたことがあり、その答えを聞いたハンナは、ショパンは実際美しい演奏をするだろうけれど提示した金額はあまりに節度をわきまえていない、と答えたという。シャーロットの曲集のために、彼は1847年3月にパリで「マズルカ」を書いているが、1863年、ショパンの死後に出版され、現在広く知られている作品67の4番とは少し異なっている。(1925年に書かれたEdouard Ganche(エドゥアール・ガンシュ)の「Dans le Souvenir de Frédéric Chopin(フレドリック・ショパンの思い出の中に)」の中に似たバージョンが掲載されている。)

ロスチャイルド一族の設立した銀行は、数多くの作曲家によって利用されていた。1838年にはヨハン・シュトラウス1世(1804-1849)がイギリスのライオネルに手紙で、イギリスにもう少し長く滞在出来るよう、為替手形の延長を依頼している。ウィーンに住んでいたこともあることがら、サロモンのことも知っていただろうう。ニコロ・パガニーニ(1782-1840)もロスチャイルド銀行を利用した、赤裸々なほど詳しい記録が残っている。1838年12月6日、気管支炎に悩まされていたにも関わらず、エクトル・ベルリオーズ(1803-1869)はパガニーニの強い要望によって作曲した「Harold in Italy(イタリアのハロルド)」の発表を取り入れた演奏会を指揮した。この時に初めて委嘱作品を聴いたパガニーニはいたく感動し、ベルリオーズに2万フランの謝礼を受け取ってくれるよう、パガニーニの財務を担当していたロスチャイルド男爵(ジェイムス)を通じて手紙を送っている。これはかなり大きな額で、赤貧生活を送っていたベルリオーズにとっては喉から手が出るほど切望していたものであった。ベルリオーズを批判する批評家の少なくなかったパリでパガニーニのこの行動の噂が広まると、嫉みや憶測が飛び交った。返礼としてベルリオーズは、交響曲「Romeo and Juliette(ロメオとジュリエット)」をパガニーニに捧げたが、1839年のパリでの初演の際には残念ながらパガニーニは既に他界していた。また、驚くべきことに、反ユダヤ主義で有名なリチャード・ワーグナーもマーラーへ送金するためにロスチャイルド銀行を利用している。ワーグナーの妻、コジマ・ワーグナーは日記の中で、ロスチャイルド銀行の担当者についてしばしば言及しており、彼らに対して苛立ちを感じているという内容のものが多かった。シェーンベルクとマーラーは1905年に「Vereinigung schaffender Tonkünstler(創造的音楽家協会)」を設立し、このためにロスチャイルド一族に経済的支援を要請したが、願いは聞き入れられなかった。 フランツ・リスト(1811-1886)はヨーロッパ・ツアーで稼いだ22万フランを資本金としてパリのロスチャイルド銀行で投資取引をした。彼はシャーロットの曲集には入っていないが、フランクフルトのシャーロットのソワレでも、パリのラフィエット通りのベティのソワレでも演奏する常連のゲストであった。1842年の11月15日にシャーロットの弟のアンソニーがグリューンベルクの姉のもとをお訪れた際、リストが演奏するのを聴き、妻ルイーザに手紙を書いている。その手紙には「一昨日の晩、素晴らしい歌手ルビーニがリストの伴奏で歌うコンサートで、私はたぐいまれな演奏家の演奏を聴き、見ることができた。聴くだけでなく見る、と敢えて言ったのには訳がある。その演奏を聴くのが素晴らしいのはさることながら、演奏する姿を見るのも何とも興味をそそられるのだ。長い髪が時には顔にかかり、時には頭を激しく振ることによって完全に後ろになびき、ひどく興奮したような目で「私の演奏は素晴らしいだろう?」と問いかけるかのように周囲を見回すのだ。愛しい妻よ、彼はとても愛想が良く、会話好きな社交界の男で、愉快で親愛なる友だと言えるだろう…」と記されている。

シャーロットの曲集に収められているその他の作曲家の中には、ベッリーニ、ケルビーニ、アレヴィ、ローゼンハイムなどがいた。ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(1801-1835)のロマンス「Dolente immagine di Fille mia(私のフィッリデの悲しげな姿よ)」は1821年に書かれ1824年にナポリのジラルドによって出版されたベッリーニの最初の作品のうちの一つで、すぐにサロンで好んで演奏される曲となった。ベッリーニはナポリの音楽学校で学び、作曲した何本かのオペラが成功を収めたことを考えると、ヴェスヴィオ山の麓にあったシャーロットの叔父カールの豪華な邸宅に招待されていたことが容易に想像できる。彼はカターニアの家族に送金するためにイタリアとフランスのロスチャイルド銀行を幾度も利用している。彼はロンドンとパリで社会的に尊敬されうるだけの著名度を得た1833年から1835年、その生涯の最後の2年になって初めてイタリア国外を旅しており、シャーロットの曲集にロマンスを直筆で書き込んだのもこの期間であろう。

1781年にルイージ・ケルビーニ(1760-1842)はフィレンツェのペルゴラ劇場のためにオペラ「 Armida abbandonata (見捨てられたアルミーダ)」の作曲を委嘱され、1782年の1月25日の初公演で大成功を収める。それから何年もの後、シャーロットの曲集に「Canto d’Armida(アルミーダの歌)」を書いているのだが、このアリア(「Ella dinanzi al petto(胸の前のエラ)」)はオペラから失われたアリアだと言われており、シャーロットの曲集から見つかったことは見事な発見であった。ただし、元々のアリアの完全な形ではなかったのではないかと言われている。ここでケルビーニはこの曲について、「 Armida abbandonata (見捨てられたアルミーダ)」のストーリーの元となったタッソの叙事詩「Ottava della Gerusalemme(エルサレムの8つ目− 訳者注:タッソの詩、「エルサレムの解放」が8行からなっていることからこう呼ぶのかと思われる)から採ったと説明している。ケルビーニは人生の後半をパリで過ごし、シャルロットの曲集にこの曲を書き記したのは彼が70代か80代の頃であった。

ジャック=フロマンタル・アレヴィ(1799-1862)は1847年12月、シャーロットの曲集に「カンツォネッタ」を書き残している。これは、グローヴ世界音楽大事典(訳者注:西洋の音楽について扱った最大の参考文献)に掲載されている1821年作の 「3 canzonetti en style napolitain(ナポリ風の3つのカンツォネッティ)」のうちの1曲ではないかと考えられている。彼は人気を博したユダヤ人の作曲かで、その代表作はオペラ「La Juive(ユダヤの女)」である。また別のユダヤ人作曲家であるジェイコブ・ローゼンハイム(1813-1894)はドイツのピアニストでもあった作曲家で、1832年からフランクフルトに、そして1837年からはパリに住居を構えていた。シャーロットの曲集に二作品を残しているのはローゼンハイムのみで、1曲目は1833年にシャーロットのために、2曲目は20年後フランクフルトを訪れた際にマチルドのために書いている。

このマチルド・ド・ロスチャイルド(訳者注:独語読みではロスチャイルド)(1832-1924)はウィーンに移住した最初のロスチャイルドである祖父ソロモンの孫娘、そしてシャーロットとアンセルムの娘としてウィーンに生まれた。彼女は何と92歳まで存命であった。彼女は幼い頃から音楽の才能を発揮し、その作曲の能力に気付いていた母親の後押しもあり、15、6歳の若さでショパンに師事していた。ショパンも彼女の才能を非常に買っていて、最後の病と闘っておりほとんど生徒を取っていなかった時も、「ロスチャイルド家の娘」のためには時間を割いていたという。 マチルドは幼少時代をウィーンとフランクフルトで過ごし(主にフランクフルトであったが)、グリューンベルクの家族の邸宅で過ごした時間は特に幸せな思い出であったという。マチルドはなかなかの人物であったらしく、イギリスから従姉妹コンスタンス・バターシーがフランクフルトに遊びにやってきた折、マチルドの優雅で気品ある佇まいに感心しつつもマチルドと姉のジュリーが葉巻 −煙草でもなく、葉巻である− を吸っていたのを見て大いに驚き、「私の幼い目はこの男性的道楽をびっくりして凝視してしまった!」と言っている。

1849年マチルドは父親の従兄弟である、ナポリの分家のウィルヘルム・ド・ロスチャイルド(愛称ウィリー、カールの息子)と結婚する。彼は既に長くフランクフルトで過ごしており、1861年のイタリア統一の後にナポリの分家は廃家となり、ウィリーの死まで兄のメイヤー・カールとともにフランクフルトの分家を統率した。その後フランクフルトの分家も廃家となった。この兄弟はビスマルクの支持者であり− あまりに公然としていたので従兄弟たちは少々閉口していたのだが − またパレスチナ入植の支持者でもあった。このパレスチナ入植には、ウィリーの娘婿エドモンドと孫のジミーが重要な役割を担っている。この思想は、フランクフルト分家を世話していたラビ・ヒルシュの「分離主義」的教えから大きく影響を受けていた彼らがユダヤ正統派の信仰を持っていたことに由来しているのであろう。ロスチャイルド一族の多くがそうであったように、ウィリーもまたコレクターであった。彼がコレクションしていたのはドイツ中世の、宗教に関係のない銀であった。彼はマチルドとグリューンベルグに住んでいた。この邸宅はマチルドの妹アリスが相続したものだったが、妻に先立たれた兄フェルディナンドと一緒にバッキンガムシャーのワデスドンで暮らすために彼らに売ったのであった。ウィリーは厳格なユダヤ正教徒であったが、マチルドは一も二もなくこの生き方に従った。この保守的な生活に順応しつつも可愛らしく、軽快な曲を書くことができたということからも、彼女の気骨のある性格がうかがえる。実際、ドイツ皇帝に招かれた晩餐会で、その食事がコーシャー(訳者注:ユダヤの戒律・慣習に従った調理法で準備された)でないことを恐れて(確かにそうでなかったであろう)、ウィリーもマチルドも招待されたことを光栄に思っていたのは確かだが、食事については一口も食べなかったと言う。家庭内での習慣もずっと厳しいものであった。マチルドの父親の従兄弟のエドモンド(ジェイムスの息子)は、マチルドのことを幼い時から知っており、フランス語で会話する際彼女に対してより砕けた人称である「tu-toyer」の親称を使っていたが、彼女の娘アーデルハイトと結婚するにあたって、マチルドのことを「ma chère Belle-Mère(親愛なるお義母様)」と呼び、尚且つ目上の人物に対して使う人称「vous」という敬称を使って話さなければならなかった。エドモンドにとってこれは気恥ずかしく、またしばしば忘れてしまう慣習であった。

当時の自宅でのしきたりがどうであったにせよ、彼女の書く歌曲はどれも気楽な魅力を持っていた。本質的にはロマンティックだが、陽気なものから哀愁漂うものまで、同時代のパーティ・ソングを書いていたその他の同業の作曲家達とは一線を画すものばかりであった。ヴィクトル・ユーゴーやテオフィル・ゴーティエ、ゲーテなどの詩を使っていた彼女の曲は、深さはともかくとしてその精神は当時の偉大な歌曲に近かったと言える。多作な彼女は少なくとも一冊分のピアノ曲集、オーケストラのためのワルツ、そして大量の歌曲(大半がフランス語のもの)を書いたが、残念ながらその全てが残っているわけではない。ドイツ語の歌それぞれ6曲からなる曲集が3冊のうち、1897年と記載のある1冊はフランクフルト図書館で発見され、ともに他の12冊も2つの世界大戦で消失することなく残っている。ロングフェローの詩に曲を付けた「My Lady sleeps(眠る奥様)」は、発見された作品の中で唯一の英語の曲だが、その他にも人気のあった曲がいくつも英訳されてイギリスで出版されている。マチルドの作品は当時の大きな出版社から、本名で「La Baronne Willy de Rothschild」または「Freifrau Willy von Rothschild」(どちらも「ウィリー・ド・ロスチャイルド男爵夫人」)の名の下に出版されている。当時の人気歌手の多くが彼女に歌曲を委嘱しており、その中にはセルマ・クルツやアデリーナ・パティなどもいた。マチルドの作品で最も有名なのは「ロマンス」としても知られる「Si vous n'avez rien à me dire(もしあなたが私に言うことが何もないなら)」という曲で、これは彼女が友人のアデリーナ・パティのために書いた5曲のうちの最初の1曲である。パティは良く、アンコールにこの「ウィリー男爵夫人のロマンス」を歌ってほしいと頼まれ、1905年にはこの曲をレコーディングしている。マチルド本人はこの曲を「mon navet(私の失敗作)」と言ってはねつけてみせていたが、実のところは密かに誇りに思っていたというのが、いかにもマチルドらしいと言えるだろう。ライオネルの妻のシャーロットは1866年の5月に息子のレオポルドに、「この冬パリにいた時、あるコンサートでパティが『Si vous n'avez rien à me dire』を歌わなかったら、劇場中が『マダム・ド・ロスチャイルドのロマンスを』と叫んだ」と手紙を送っている。

マチルドは3人の娘をもうけ、夫より23年も長く、充実した生涯を送った。彼女は夫の死後もユダヤ正教の生き方を変えることはなく、孫のジミーの妻のドリーは1913年、18歳の時フランクフルトでマチルドと過越の祭を祝ったのを覚えている。このときマチルドは81歳であった。ドリーはマチルドについて、「彼女は知的な才気に溢れていただけでなく、類い稀な見識を持った思いやりがあり、家族の誰もの相談相手だった。」と書き残している。1922年、彼女の90歳の誕生日の折には ー従姉妹のコンスタンス曰く、「まだまだ能力の衰えは一切見られなかった」ー 親戚を招いてディナーパーティを開いた。マチルドはその2年後に他界している。現代の子孫であるミリアム・ロスチャイルドは、「マチルドが今の時代に生きていたら、ゴルダ・メイア(イスラエル首相)かコンサート・ピアニストになっていただろう」と語っている。実際、彼女は素晴らしいもてなしをするホステスであり、芸術の支援者であり、家族皆の友であり、才能豊かな音楽家であり、そして偉大な功績を残した作曲家であったのだ。

シャーロットの始めた作曲家直筆の曲集をマチルドが引き継ぎ、彼女のためにヴィクトル・マッセ、フランツ・ラハナー、アントン・ルービンシュタインなどの作曲家が曲を書いた。マチルドは1869年に曲集めを中断したが、ミンナの娘リリー・シャイとその娘ミンカが1925年に収集を再開した。ルービンシュタイン(1829-1894)はロシアの作曲家であり、リストと比較されるほどのピアノの名演奏家でもあった。ルービンシュタインがベルリンに住んでいた1846年に出版された「Hüte dich(用心せよ)」という曲を選び、2度目のヨーロッパツアーをしていた1869年にフランクフルトでマチルドに会った際に書き込んでいる。

イギリスでは1835年、NMがロンドン郊外にあるガナーズベリー地所を購入しており、彼の死後未亡人となったハンナと、後には息子のライオネルが500人以上にも及ぶ招待客を招いたパーティを開くようになっていた。このパーティは当時の社交界でもシーズン一番のイベントとなり、小道は様々な色のランタンで照らされ、庭の大テントでのディナーの後には演奏会かダンスパーティが開かれた。サー・モーゼズ・モンテフィオーレは1838年7月の大パーティについて日記に、グリジ、ルビーニ、ラブラーシュ、ペルジアーニ、そしてタンブリーニなどという錚々たる音楽家の公演があったことを記している。首相も務めたイギリスの政治家であるディスレーリは、1858年1月の晩餐会について、「ウィンザーやバッキンガム宮殿での晩餐にすら劣らない豪華さであった」と述べている。ライオネルの息子アルフレッドも音楽への情熱を持っており、その母の手紙にも息子の音楽の技術やレッスンについて触れられているものがたくさん残っている。若い頃書いた作品の中に「Boutons des Roses(バラのつぼみ)」という6曲のピアノ曲からなる曲集があるが、ショットによって出版されている。バッキンガムシャーのハルトンと呼ばれた邸宅には専属のオーケストラを持っており、その指揮をするときの指揮棒は象牙製で周りをダイアモンドで飾られていたという。オーケストラの団員は皆同じ背丈でなければならず、口ひげをはやしていなければならないという決まりであった − 演奏の技術もそれなりであったことを願おう!ニッコリーニ、リスト、ルービンシュタインなど多くの著名な音楽家が彼の開いたソワレに華を添え、特にルービンシュタインは何度もゲストとして出入りしていた。ハルトンのゲストには他にも歌手のネリー・メルバとアデリーナ・パティ(二人ともアルフレッドに資産の管理を依頼していた)、パオロ・トスティやサー・アーサー・サリヴァンなどがいた。

サー・アーサー・サリヴァン(1842-1900)はイギリスのロスチャイルド一家のほとんどと面識があった。特にアルフレッドの弟のレオポルド・ド・ロスチャイルドと親しく、アスコットに滞在することもしばしばあった。また、1873年にはアルフレッドの義理の兄であるメイヤーのメントモアにも滞在している。1883年5月14日にはサリヴァンが41歳の誕生日を祝う会にフェルディナンドを招待したということもあった。フェルディナンドの「Livre d’Or(黄金の本 − 招待客直筆のゲストブック)」に1886年1月11日、ワデスデンにて小さなカノンまたはロンドの曲を書き残しているが、このゲストブックに楽譜を書いているのはサリヴァンだけである。アルフレッドはオペラ「 Ivanhoe (アイヴァンホー)」の融資をしたのだが、作曲をしたサリヴァンと劇作家のギルバートはオペラの中の大法官のアリアの歌詞に「The shares are a penny and ever so many are taken by Rothschild and Baring, and just as a few are allotted to you, you awake with a shudder despairing!(分け前はペニー、大半はロスチャイルドやベアリングなどの銀行家に、そしてほんの少しが君に割り当てられ、君は絶望の慄きから目が覚める!)」という節を入れてアルフレッドをからかっている。

20世紀になるとジェイムスの孫のロバートと妻のネリーがマリニー・アヴェニューの自宅で音楽を聴くソワレを開くようになり、エリザベス・シューマンや若き日のエリーザベト・シュヴァルツコップ、そしてロッテ・レーマンなどがその美声を披露した。彼らが親しくしていた音楽家は他にもレイナルド・アーンやジャック・フェヴリエ、ジョルジュ・オーリック、アンリ・ソーゲ、フランシス・プーランク、そしてその他の「フランス6人組」のメンバーなどがいた。エリー・ド・ロスチャイルドは子供の頃、両親(ロバートとネリー)が音楽家の友人たちとばかり余暇を過ごしていたことを恨めしく思っていたという。エリーの妻のリリアンはレイナルド・アーン(1874-1947)が義父の最も親しい友達だったことを強烈に覚えているそうだ。第二次世界大戦が終盤に差し掛かった頃、パリではしばしば停電が起きることがあった。そんなある夜、アーンが電話でリリアンにオイル・ランプを一つ持ってきてほしいと頼んだ。リリアンがグレフュール通りにあったアーンの家に着くと、玄関に出てきたアーンは脳腫瘍の手術をしたばかりだったことを隠そうと、巨大な青いベレー帽をかぶっており、このランプが世の中で一番素晴らしいプレゼントだったかのように喜んだ。彼はその翌週亡くなっている。

フランシス・プーランク(1899-1963)もロバートの親しい友人で会った。彼は、マチルドの孫が受け継いだ作曲家直筆の曲集に曲を書くことを依頼された20世紀の作曲家の一人である。1939年に書かれた彼の作品は歌手イヴォンヌ・プランタンのためにハープの伴奏で書かれた「A sa guitare(ギターに寄す)」の最初の一行であった。

第二次世界大戦中、ロスチャイルド一族の中には安全な生活を求めてヨーロッパからアメリカに渡った者もいた。オーストリア分家の末裔であるアルフォンスの妻クラリスはニューヨークに住み、レオポルド・ド・ロスチャイルドは50年代後半にクラリスの友人サミュエル・バーバー(1910-1981)がよく訪れてきていたことを覚えているという。一家は変わらず音楽とのつながりを持っており、熟達した詩人でもあった、有名なシャトー・ムートンぶどう園の所有者であるフィリップ・ド・ロスチャイルドが1952年に書いた詩「Vendage(収穫)」はダリウス・ミヨーにインスピレーションを与え、彼がダリの舞台装飾を使ったパリ国立オペラのための3幕のバレエを書くきっかけとなった。1972年にはミヨーの80歳の誕生日を記念してニースでこのバレエの公演が行われている。近年では、ロスチャイルド卿3世であるヴィクターと、そして特にその妹のニカがジャズの愛慕者そしてパトロンであり、とりわけチャーリー・パーカーと親しくしていた。

シャーロットの作曲家直筆の曲集及びロスチャイルド一族へ捧げられた音楽作品については、まだ研究が続けられており、個人コレクションや個人の蔵書などに収められていてまだ見つけられていないもの多くあると考えられる。銀行業、ワイン、そして素晴らしい美術のコレクションで有名なロスチャイルド一族ではあるが、音楽とのつながりも非常に強いものであるのだ。過去200年にわたってロスチャイルドの面々が音楽界にいかに関わってきたかが、この覚書で理解していただけたのではないだろうか。マチルド・ド・ロスチャイルドの残した作品という遺産と、「黄金の本」、そして一族が長年続けてきた音楽への支援がこれからもずっと続いていくことを願ってやまない。

Copyright: 1994 Charlotte de Rothschild

出典 : ロスチャイルド・アーカイヴ(ロンドン)、家族からの情報、大英図書館、フランス国立図書館、ウェストミンスター図書館、ケンブリッジ音楽図書館、フランクフルト・アム・マイン市立と大学図書館、オーストリア国立図書館

翻訳:エターナルボーテ株式会社

Subscribe to our newsletter

* indicates required

Contact


Exbury Estate Office
Exbury
Nr. Southampton
Hampshire SO45 1AZ

enquiries@charlottederothschild.com